関係改善協議支援士

関係改善協議支援士(仲直りコーディネーター)

人間関係を舫い直し、修復する技術を伝え実践します。

『仲直りノート』活用

仲直りの知恵が凝縮されたノートで啓蒙します。

関係改善協議支援士  資格認定

仲直りの支援技術を習得し、

実践する人を認定する制度です

仲直りワークショップ進行

ワークショップを開催でき、関係改善のリーダーとなります。

仲間の改善士や本部と定期の学習

情報共有し腕を磨きます。

啓蒙/教育

情報発信します。

仲直りの考察

象徴的な対立のケース

その1

相続の発生に伴い兄弟姉妹や一族が争います。事案の一つ一つが全て異なり、丁寧な傾聴=着席促進=歩み寄りの支援が不可欠です。

その2

職場やコミュニティ内での仲間が、いがみ合えば仕事や事業の推進に障害となります。相互理解と信頼醸成に向けた価値観、背景、事実認識の披露/確認と受容/行き違いの訂正が求められます。

その3

日々の暮らしの中に葛藤、対立が生じます。近隣トラブルや学校と家庭の対立、医療機関と利用者との行き違いなど多岐に渡ります。

第3の解決策 トランセンド

紛争解決の研究家ヨハン=ガルトウング教授が提唱するトランセンド理論は当事者の歩み寄りを促し、WIN=WINの関係を模索し、第3の解決策を探求する手法です。

当会はトランセンド理論を参考にしながら、専門的なファシリテーションを研究開発しています。

関係改善協議支援士として活躍を!

当会のメッセージ「仲良きことは美しき哉」を叶えるために略称「関係改善士」※商標登録出願中を育成します。

税理士、社労士、行政書士、FPの皆様、保険専門家、銀行の皆様等、今後、家族や一族を含む争い事の回避/予防を模索する方々にお勧めします。

指定の講座を受講いただき、認定試験を受験後、合格者に認定証を発行します。今後の社会で重要となる関係改善の専門家としてご自身のお仕事他で利活用ができます。

認定資格の取得方法

関係改善協議支援士(略称 関係改善士)の取得には所定の講座を受講いただき、認定のためのテストを受験いただきます。

★講座は実際の講座またはe-ラーニング(準備中)の何れかを選択できます。

★講座プログラム

  • 1 対立を生じるプロセスと心理理解
  • 2 対立の構図ケーススタディ
  • 3 ケース別の解決支援プログラム
  • 4 関係改善士の姿勢、心構えと基本スキル

実際の講座は一日7時間で修了できます。

テストは三択の質問30題に回答します。合わせて論文記述があります。

認定資格取得後は?

認定資格試験を受験後、合格者に認定証と関係改善士を証明するカードを送付します。

有意義にご利用ください。ご相談もお気軽にお願いします。

一年に一回の関係改善士シンポジウムを開催します。また数回のセミナーも

用意します。

改善支援を実践する場としてワークショップを随時開催します。(当面は都内)

本部では関係改善士の技術向上と社会問題の解決支援に向けて、次年度以降、中級、更に上級のステージを用意します。

資格の活用法

            詳しい案内です


関係改善士の講座受講及およびテスト受験料

講座受講料はリアル講座もe-ラーニングも30,000円です(テキスト、受験料、税込)。

年会費は6000円です(税込)。

年次の会員更新料は4000円です(税込)。

その他の年間のイベント参加費は別途、お知らせします。


講座の受講申し込み方法

ワークショップに参加したり、会の担当者の話をお聴きになって資格取得しようと決心なさったら開催日時からご都合の良い日を選んで受講をお申し込みください。なお受講料は参加申し込みをいただいた後に振込先を個別にメールでご案内します。

日程確認  お問い合わせ先 nakanaori21★gmail.com ☆を@に変換

直通電話 090-3074-8222 担当 吉本