仲直りとは何か?

私たちはこう考える

「仲直り」を考察してみよう


仲直りとは?


「仲直り」と言うと、普通は「喧嘩した後に仲直りした」というように、2人かそれ以上の当事者が、一旦は好ましくない関係に陥ったが、その後に関係を修復する、という意味で用いられれることが殆どです。

私たちは「仲直り」を、もっと広く捉えています。

冒頭の良くない関係が元の仲に戻るというケースを「仲直りケース1」とします。そして次に挙げるような「仲直り」の姿も考えています。

仲直りケース2

★特に明確な問題は無いが、コミュニケーションが図れない状況。

      ”仲直り⇒仲治しが相応しい場合”

嫁と姑の関係で言えば、一見すると波風は立っていないのだが、
お互いによそよそしく感じているというケースです。

また職場に配属された新人が、イジメやハラスメントに逢っている
訳ではないが、同じフロアで働きながら、声を掛けてもらえない、
本人が職場に温かさを感じない等のケースもこれに当たります。

こうした状況では、元々の関係は悪くないのに、一方が孤立したり、安心感を感じていません。
ですから、関係を築き直す場合、私たちは「仲直り」ではなく「仲治し」の意識で仲直りを支援します。


仲直りケース3
★一方が相手に自分を開示できずに、悶々と悩み続けるケース。

  ”一例としてガン患者が家族に悩みを相談できない場合”

ガン闘病中の患者は鬱になりやすく、人に上手く想いを伝えられないことがあります。同じ屋根の下に住む家族でも、互いにとても気を遣い、言いたいことが言えないのです。

治療の方針、お金のこと、等々、患者さんは不安や悩みを多く抱えています。

こうした不安の渦中に居る人と家族との橋渡しも仲直りなのです。

仲直りケース4

★事業を子どもに継ぐ親と、引き受ける子どもとの対立のケース

     ”価値観や世代間の断絶が仲を引き裂き割く場合”

 最近、話題に上った大きな家具屋さんのケースを記憶している方も
 多いでしょう。職人として叩き上げのお父さんと、一流大学を出て
 MBAを取得した子どもの価値観は大きく異なるのでしょう。

 商売を肌で感じるお父さんと論理一辺倒で判断する子どもとは見解
 が異なる、良くあるケースです。
 同じ屋根の下で過ごした親子も価値観が異なると、それが嵩じて口
 を利かない関係になることも少なくありません。

 こうした状況を緩和するには食事の席に着く「着席プログラム」も
 必要でしょう。

仲直りケース5

★自分を許せない状況

 ”自分の過去の失敗や過ちを自分自身が許せないケース”
子どもを亡くした親は「あの時、こうすれば良かった」と悔悟の念が消えず、自分自身を許せないことがあります。

約束を守れず友人に大損害を与え、自分を責める人の中にも、自分を許せず鬱になったり社会での居場所を無くす人も居ます。

自分との仲直りは単に「自分を許す」「自分を受け容れる」だけでなく複雑な要素が絡み合う難しい課題です。


上記のようなケース以外に、周囲には色々な葛藤や対立があります。




「仲直り」は幸せな暮らしの根幹です

誰かと対立している、仲が悪いという状況は、大きなストレスです。また、それほど気にしない人でも仲違いしている相手に会う時や、その人の事が話題に上がると憂鬱になることがあります。

周囲の人と(家族や職場、そしてコミュニティで)良好な関係が保たれていれば、普段の暮らしは心が軽く、笑顔も出やすくはないでしょうか。

私たちは、日本人が少子化と高齢化で、分断される傾向が強くなっていると感じています。子どもを介して繋がりあえたマンションや地域住民も、孤立化が進み、独り暮らしの人が増えて、ゆるい繋がりも消えつつあります。

これから増々、進行する人口減少の中で、暮らしを守り楽しむためには、支え合う、繋がりあう、といった関係作りは大切です。
そして、同時に「仲良しの友」を増やし、家族が住民が職場の仲間が「仲良し」になることが大切だろうと思うのです。

「仲良し」に輪の中に居ると、私たちは他人に親切にできます。仲良しの輪に居ると心が満たされるので余裕も出来ます。

経済的にも困難さが高まると言われる日本ですが、仲良しの輪に入っていれば生きて行けます。

仲直りは互いの良さも悪さも、強さも弱さも、長所も短所も受け入れ合い、尊重し合い、互いに愛情を注ごうとする人の美しい心根が原点です。

愛情の表現には勇気が、パワーが、謙虚さが、誠実さが不可欠です。
素直でなければ仲直りも難しく、時には恥をかくことも覚悟しなければ出来ないでしょう。

そして仲直りの先には新たな自分自身の成長と、仲違いしていた相手との関係改善以上に得られる宇宙的なパワーや新しい世界との出逢いが待っているのではないでしょうか。



仲良く笑って生きていこう

仲直りの対象は様々です。

友人や職場の同僚、家族や親戚(特に親子や兄弟姉妹)、近隣に暮らす人々、これから増えるであろう外国人や家族の人々、多種多様な人との仲(縁)を私たちは持っています。

そして信用を築くには長い年月が掛かるが、信用を無くすのは一瞬と言われるように人との仲も、何かの出来事を境に、その瞬間から仲違い(なかたがい)に陥ることがあります。

花が茎先から落ち始めて地面に着くまでの一瞬一瞬の間に、人の心も有為転変する、という禅の教えが有るように、私たちは常に相手との関係が微妙に、時には見えない変化を経て移り行くことを謙虚に受け容れ、自分を柔軟に保ち、愛情を発し続けたいものです。


仲直りへ向けたプロセスは多種多様です

様々な仲違い(なかたがい)が、有るように、仲直りの過程も様々です。私たちが取り組む仲直りのプロセスは数多あるケースの中の、一部に対応するもので、万能ではありません。

ですから少しずつ事例の研究や仲直りの実践を積み上げて、仲直りを支援したい想いを持つ方々と、プロセスの設計や、その時々の問題を共有し、より深く人間探求をしなければと思います。

ここでは簡単で、身近に感じられるケースと、それに応じた仲直りのプロセスを紹介します。

※親子で仲良く暮らしていたのに、或る事件で仲が悪くなったケース

50歳の智子さんは8年前に母を病で亡くしました。当時の母は67歳、父は70歳でした。父は若い頃から商社を営み、海外を行き来していました。当時も母親の看病は一人娘の智子さんに任せて、ドイツと日本を往復していました。母の死に目に間に合わなかった父を、葬儀の後で詰る(なじる)娘に、父は黙ったままでした。そして智子さんは夫と2人の高校生の子が待つ家に戻り、その後はプッツリとお父さんとの行き来も、電話も無くなりました。

そして昨年、風の便りに疎遠だった父が闘病中で、余命も少ないという知らせが届きました。

78歳になった父の死期が近いことを知った智子さんは、それまでの恨みが消えて、父に会いたくなりました。
「このまま死に別れ別れてしまうとてしまうと私は一生、後悔すると思ったんです」と後日、智子さんは言いました。

※智子さんは勇気を奮いました
私たちは相談を受けて、お二人の仲直りのプロセスを検討し始めました。そして、それまでに何度か実践して有効だったプロセスを智子さん親子の仲直りに当てはめて考えました。

それは、

先ず、双方(父と娘)に何が起きたと思うか、を智子さんとお父さんに考えてもらうこと、但しここでは智子さんはお父さんの想いを想像するだけです)
次に、双方は、その事実をどう受け止めたか、見えたかを考えてもらう、(ここでは智子さんはお父さんの想いを想像するだけです)
そして、自分と相手が何を想い、考えたかを書く、または声に出して言ってもらう、
ここまでは智子さんが未だお父さんに会う前ですから、智子さんの独り妄想ですね。

ここまでカウンセラーが相談者の想いを整理し、深く聴いていると本人(ここでは智子さん)に気づきが訪れることがあります。

そして自分の想いを整理し、相手の当時の想いを想像の上であっても書き留めてみると、それまで見えなかった相手の置かれた状況や気持ちが、うすぼんやりと見えて来ます。

ここまでを整理すると、次のようになります。

1 当事者に何が起きたか?を確認する。一方の視点でも構いません。

2 次に双方が、その事実をどう見ているかを確認または想像し整理する。

3 その時の感情を確認する、書いてみる、想像する等。

智子さんの場合は、その後は次のプロセスを経ることにしました。

4 息子を仲人にして智子さんがお父さんと食事をしたいと言っていると伝言させる。

5 お父さんからの返事を息子が智子さんに伝える。

6 娘と父が直に電話で話し、食事の日程と会場を決める。

7 実際に会って食事をし、・・・


今では未だ存命のお父さんと定期的に会って食事し、家事を手伝っています。

ここだけを読むと、何だ・・それだけの事か、とお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし智子さんは、この膠着した状態から一人では脱出することが出来ずに苦しんでいたのです。

仲直りのサポーターである関係改善協議支援士は、経験を通して様々なケースに対応するプロセスを日々、想像し創造することで仲直り支援の腕を磨くことが求められます。